会長挨拶

会長

活 動 方針

会長 伊藤 彦二

『知り合いを増やし、奉仕の機会を広めよう』

 2019-2020年度 国際ロータリー マーク・ダニエル・マローニー会長はテーマを「ロータリーは世界をつなぐ」とされました。

 私たちロータリアンは世界で、地域社会で、そして自分自身の中で持続可能な良い変化を生むために人々が手を取り合って行動をする世界を目指しています。

 そして、私たち大和ロータリーは前年度に会員増強(増やして強力にすること)と会員維持(ものごとをその状態で持ちこたえる)を一つの委員会で目指しました。

 今年度はこの増強と維持を別々に組織してクラブの活性化を図りたいと思います。
何名の会員純増になるかは会員皆様の協力にかかっています。

 奉仕プロジェクト部門では、大和ロータリークラブ60周年の準備として、大和市内の小学校、中学校に向けて作文または絵などのコンクール等を目標に出来れば良いと考えております。

 クラブ奉仕部門では、会員増強のために新会員候補者が参加できる夜間例会を年に4~5回、また家族会を2回実施致します。
 例会・家族会等、全てのロータリー活動は全員参加を目標に努力致します。

 そして、本計画書P.63-64に記載の通り、近年達成できなかった「ロータリー賞」をめざします。 これにはマイ・ロータリーのダッシュボードに逐次報告を松川幹事にお願いしております。

 会員の皆様、確たる目標を持ちそれを達成できるよう協力し合えば、この1年が必ずや楽しいロータリーライフになる事と信じております。



ページトップへ
大和ロータリークラブ